JOCWトップ >> 人気コース紹介


各大学の人気コース紹介

このコーナでは、JOCW加盟大学で公開されているコースの中から人気の高いコース・注目していただきたいコースをご紹介します。

第7回は北海道大学と早稲田大学です。


北海道大学

北海道大学オープンコースウェアは,Webサイトを公開して以来,順調にアクセス数が増えています。今後は,近年開講した講義の資料をご提供すると同時に,北海道大学の前身である札幌農学校時代に作成された受講ノートなども公開する予定です。これにより,北海道大学における教育の変遷をもご理解いただけるものと期待しています。 さて,北海道大学オープンコースウェアが今回ご紹介するコースは,石川剛郎教授による「愛ではじまる微積分」です。

講義担当教員から

「愛ではじまる微積分」は,複素数 "i" を使った微積分(入門的な複素関数論)の立場から,微積分をもう一度見直すという企画の講義です.2003年の数学概論A という科目で,講義内容を教員が比較的に自由に選べる形の講義でした.対象は大学2年生が中心でした.題名の「愛」は,複素数 "i" (アイ)にかけた駄洒落ですが,ややもすると無味乾燥に見えてしまう微積分が,複素数 "i" を使うことによって見通しが良くなり面白く感じられ,学生諸氏が少しでも数学を好きになってくれれば良いな,という願いもこめたネーミングです.微積分学が復習できて,同時に,複素関数論とフーリエ級数の基本がマスターできるように教材を精選したつもりです.将来的に,この講義内容をもう少し膨らませてみたいと思っていますが,現在の形でも何らかの参考になれば幸いです.

 


早稲田大学

早稲田大学OCW サイトは、2006年4月サイトのリニューアル以来、 月間15,000件以上のアクセスがあります。 早稲田大学OCW サイトは 各授業担当教員が自主的に教材を公開できる仕組みを備えており、 学内標準のLMS(Course N@vi)からも操作ができるようになりました。 今後も引き続き、教材の拡充を図りたいと考えています。
さて、今回早稲田大学OCWよりご紹介させていただく講義は、 兼築 信行教授の 「くずし字を学ぶ」です。

※以下のリンクより参照ください。

早稲田大学OCW(第一文学部科目)

[授業の特色]

科目「くずし字を学ぶ」は、変体仮名・くずし字を読む力を身につけることが できる科目です。 変体仮名・くずし字は、今から百年ほど前に仮名字体が統一されるまでの間、 日常生活の中で普通に用いられていた文字です。 毛筆を使うことが少なくなった現代では読むことが難しくなっていますが、 日本の古い文献や資料を取り扱い、真に専門的に研究するためには、 変体仮名やくずし字を読解する力が必須となります。 この科目では、古典から近代までの資料を教材に用いながら、各時代の 文字の特色や、書写上の要点、資料の内容についても説明されます。 2001年度より早稲田大学ではオンデマンド授業として実施され、 (2001年度から2003年度は「日本文献学」という名称で実施)、 以降、毎年数百人の履修登録がある人気科目となっています。 繰り返し受講できるオンデマンド形式であることによって、 「くずし字」を 読む力を確実に身につけることができます。また、通常は手に取って 見ることのできない貴重書もPC画面にて見やすくなるなど、オンデマンド 講義ならではの恩恵が受けられ、受講生からは大変好評を得ています。 早稲田OCWサイトでは、授業そのものであるオンデマンドコンテンツを 公開しています。ぜひご覧ください。

   


  【問合せ先】

  • 日本オープンコースウェア・コンソーシアム事務局